News お知らせ一覧

外国人が介護事業で働く方法

外国人が日本の介護事業所で働くための在留資格は1、EPA(経済連携協定)日本とインドネシア・フィリピン・ベトナムとの経済連携強化により介護福祉士候補者として入国  家族(配偶者・子)の帯同が可能、事実上・・・
続きを読む
logo-icon-linelogo-icon