特定技能には1号、2号がありますが、特定技能の在留資格で入国する外国人は特定技能1号

として入国できます。

在留期間は1年、6か月又は4か月ごとの更新、通算で上限5年までです

5年後は原則、帰国となりますが特定技能2号に移行した場合は延長することができます。

だた特定技能2号は建設、造船舶用工業にしか認められていませんのでそれ以外の産業では

5年での帰国になります。

尚、特定技能1号での入国に家族帯同は認められていませんでした。

しかし、留学生が特定技能に在留資格を変更して働く場合は

家族滞在の資格で家族帯同が認められるようになりました。

家族滞在が認められるのは、このパターンだけです。

不公平であるという意見もありますが、人道的見地から認められた

ものと思われます。

なお、特定技能2号での家族帯同は配偶者、子など条件付きで認められています。